2020年4月6日付「日本食糧新聞」に弊社の事が掲載されました。

2020.4.6日本食糧新聞社掲載記事

以前、ご縁のあった日本食糧新聞 敏腕記者様と面談した際 プロトンエンジニアリング 代表 庄司 の想いに興味を持って下さり「冷凍や解凍は、やはり食ベものを無駄にしないという意味で、とても大事な技術」と記事にしてくださいました。

プロトン解凍機は熱源を蒸気とし「湿度100%⇔温度20℃」の高湿度/低温度で解凍することが特長です。蒸気が水滴となる過程で発生する潜熱を利用した低温高湿度解凍装置となり他社に無い技術としては湿度100%が実現できます。

代表は前職でプロトン解凍機(特許取得)の開発技術者です。

プロトンエンジニアリングでは建設業の許可を受けており、ユーザーのニーズに合わせた設計・施工を得意としております。

→ 日本食糧新聞2020.4.6掲載(PDF)・・・別画面でお読みいただけます。

日本食糧新聞で弊社が紹介されました。
日本食糧新聞(Web版):プロトンエンジニアリング・庄司晃代表 解凍システムに関するリーディングカンパニーへ

プロトンエンジニアリング株式会社は、解凍工程・凍結工程のエンジニアリングで品質向上を目指します。解凍・凍結を中心に「凍結冷却殺菌乾燥」 等のオーダーメイド食品冷熱システムを提案いたします。

食品工場に関する建築設備工事も得意としています。また、「解凍テスト・凍結テスト・プロトン凍結テスト(テストルームもございます)」も可能です。解凍機・凍結装置の販売を中心に食品工場向けのお困り事や改修工事に関する事でしたら、お気軽にご相談下さい。

〒142-0042
東京都品川区豊町4丁目6-7 斎川ビル2階
電話番号:03-6423-0478